読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あかりメモ

食べるの大好き!実験大好き!なフツーのOLの日々

成績中の下が高校受験で学区一の高校を目指すまで

こんにちは、あかりです。

桜も満開になりつつある今日この頃。



あの、薄桃色の様子を見ると、何とは無しにうきうきしてしまいます。

 

学生さんは新学期なんですね〜。

 

うれしいやら、憂鬱やら微妙でしょう。

 

私も昔は学生でした。

 

それも何も考えてないほう。

 

普通の一般家庭でしたのでお受験的なものはなく、高校受験が自分の進路を考えた最初でした。

 

中学二年の夏休み前に進路についての話が学校で出て、受験が身近になったのです。

 

私個人は行きたい学校がなかったので、友達と一緒のところに行きたいな〜と思いました。

 

今と変わらず、友達が少なかったのですが、5人中4人が同じ高校を目指していました。(1人は希望する職業に直結する高校を志望)



なんとそこは、学区一の進学校でした。



本当に衝撃。なんで?と聞くと、家から近いとか、学費が一番安いとか。もちろん大学進学を考えてるからという応えもありました。



学費のことなんて考えた事なかった…。
大学なんて希望すれば入れるものじゃないの?とか、本当にいろいろ衝撃。

 

私が考えなさ過ぎなだけなのに、みんながそんなに考えていたなんて、というショックもありました。

 

その後、三者面談があったけど、散々だった記憶がほんのりあるだけ。

 

◯◯高校?無理!無理!ん〜、いまの学力なら7つある高校の下から3番目位かな〜?(もちろん◯◯高校は一番上)



担任の先生の話がもうショックでショックで。

 

私は一緒に行けないんだ…。と。

 

そこからは、友達と一緒の高校に行きたいという事だけでその後、猛勉強する事になります。



数学と理科の赤点すれすれをどうやって上昇させるか。


これが問題点だった・・・。